--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 06. 05  
昨日(6/4)、ルピシア主催の第6回ダージリン・フェスティバル2011に参加してきた。
入場時刻は、事前に予約する必要があり、11:00-11:30に入った。

メインは、ダージリンのファーストフラッシュ(全39アイテム)で、
以下の4つのグループに味わいを分けて、試飲ができた。

A : Noble ノーブル・高貴な 花のような香り、スッキリとした味わい
B : Elegant エレガント・優雅な 果実のような香り、スッキリとした味わい
C : Exotic エキゾチック・異国的で個性的な 花のような香り、どっしりとした味わい
D : Gorgeous ゴージャス・贅沢な 果実のような香り、どっしりとした味わい

ダーリジン以外には、日本茶が15アイテム程度、中国茶、ニルギリ、セイロンが
数アイテムずつの試飲ができるようになっていた。


飲んだお茶の感想をリストアップ。
(◎)・・・興味深い。(☆)・・・好み。(★)・・・購入。

まず、Aのグループから試飲をスタート。Aのグループは全種類、飲んだ。
(ファーストフラッシュの印象は、花のような香りで軽い飲み口なので、このグループから試飲を始めた。)

1103 グレンバーン, 2011-DJ9(☆)
優しい香り、刺激がなく、温かみがある味。繊細さがあり、主張がある。好みのバランス。(4杯試飲)

1129 スノービュー, 2011-DJ56
かなり儚い。繊細な印象。

1134 ラングリーラングリオット, 2011-DJ50
ハッキリした味。繊細さはない。

1192 ダージリン・ファーストフラッシュ2011 "フラワリー"
表情はあるけど、繊細さはない。分かりやすい味。ハッキリした味。

1194 ダージリン・ファーストフラッシュ・BOP2011
ファーストフラッシュの印象(フラワリー、繊細な香り)はなく、ハッキリした味。

1101 リシーハット・ホワイトリリー, 2011-DJ13(☆)(★)
いくらか厚みを感じる。柔らかで渋みは弱い。繊細。(5杯試飲)

1109 シンブーリ・スーパーファイン, 2011-DJ30
青臭い。「ピュッタボン(1108)」より強い。(2杯試飲)

1128 キャッスルトン・ディッピークローナル, 2011-DJ45(☆)
懐の深さを感じる。優しさ、温かみを感じる。芳醇。ファーストフラッシュのイメージより香ばしい。(7杯試飲)

1108 ピュッタボン・クイーン, 2011-DJ21
かなりポップ、表情豊か。ちょっと個性的、自己主張がある。「リシーハット(1101)」より、渋みが強い。青臭い。柔らかい。(4杯試飲)

Darjeeling_A


Bのグループを試飲した。

1123 ヒルトン, 2011-DJ45
濃い味。ガングロのお姉さんという感じ。Aのグループと比べて。

他のBのグループのお茶とCのグループのお茶も飲んだが、
舌が馬鹿になっていて、途中から特徴が分からなくなってしまった。
そのため、CとDのグループはチャートの中心から距離が遠く、
特徴がハッキリしてそうなものに絞って飲んだ。


Cのグループを試飲した。

1122 ピュグリ, 2011-DJ33
セカンドフラッシュのよう。濃密。甘い。

1191 ダージリン・ファーストフラッシュ2011
香ばしい。セカンドフラッシュのよう。

Darjeeling_BC



Dのグループを試飲した。

1105 タルボ, 2011-DJ3
確かにフルボディ。セカンドフラッシュのよう。どっしりしている。

1119 アリヤ, 2011-DJ22
どっしりではなく、ザラザラしている。タルボと比べて。

1193 ダージリン・ファーストフラッシュ2011 "クラシック"
香ばしさはあるけど、控えめ。

Darjeeling_D



次は、日本茶。
まずは、九州地方の日本茶を試飲した。

6539 生葉 あさつゆ 2011(☆)
水のようにすーとしみいる。低刺激。優しい。「掛川新茶 おくみどり(6548)」と比べると、うまみを感じずに物足りないかも。柔らかい。(5杯試飲)

6540 知覧新茶 ゆたかみどり 2011(☆)
低刺激。丸みのある味。好みの日本茶。ちょっと味が荒い。(2杯試飲)

6541 鹿児島新茶 2011
かわいい味。Cute。日本茶からイメージされる渋みとは違う味。(2杯試飲)

kyusyu



東海地方の日本茶を試飲した。

6543 静岡新茶 2011(☆)
低刺激。荒い、未完成、未成年で不完全という感じ。味がハッキリしている。「掛川新茶 おくみどり(6548)」より、味の成分が濃い。(6杯試飲)

6545 新茶 天領棒茶 2011
香ばしい。ほうじ茶のよう。

6548 掛川新茶 おくみどり 2011(☆)(★)
おだやか。中庸な感じ。特徴が弱い。茶のエキスを感じる。旨味を感じる。(7杯試飲)

6549 天竜新茶 やぶきた 2011
荒さ、刺激がある。ちょっととげとげしている日本茶。ちょっとパンチがある。ボリューム感がある。(2杯試飲)

6551 本山新茶 香駿 2011(◎)
やんちゃで元気のいいお茶。元気な子供のよう。昼間や朝に飲むお茶、夜に飲むには元気すぎる。新茶の柔らかいお茶、やさしいお茶という感じではなく、若いエネルギーを感じる。(2杯試飲)

tokai



また、チャイの入れ方のデモがあり、おいしい入れ方を教えてくれた。

1. お湯に茶葉とスパイスを入れる。
2. その後、お湯と同量の牛乳を足し、黒糖を入れる。
3. 沸騰前に火を止める。
4. 茶葉とスパイスを漉した後、ピッチャに移し替え、空気を含ませる。
  (デモでは、2つのピッチャを使って、ピッチャー間を行き来させて空気を含ませていた。
   家でやるときは、泡立て器やかくはん器などで、空気を含ませるといいよう。)

※チャイというと、牛乳に茶葉を入れるイメージがあるかもしれないが、
牛乳が茶葉をコーティングしてしまい、うまく味が抽出されないとのこと。

Chai



入場時の記念品は、
「ミニチュア缶2個セット(マグネットシール付)」と
2011 ダージン・フェスティバル お菓子セット(ドライフルーツx2、焼き菓子x3)だった。

来場記念品1

来場記念品2


購入したのは、
リシーハット・ホワイトリリー(1101)と
掛川新茶 おくみどり 2011(6548)と
知覧 ゆたかみどり(7401)の10個入りティーバッグ。

購入品


最後に。

紅茶はあまり気にならなかったが、日本茶は、同じものを複数回飲むと、印象が違うものがあった。
温度や抽出時の濃さのムラのために味が違ったのかも。
もしくは、初見の時は目新しさがあったが、複数回飲むと目新しくなくなるので、味の感じ方が変わったのかもしれない。

試飲用のカップが置かれているテーブルの近くで、立ち止まっている人たちは邪魔だった。
他にその紅茶をとりたい人のことを考えて、カップをとったら、すみやかにテーブル付近から移動して欲しかった。

ダージリンフェスティバルに行ったのは初めてだった。
閉会まで90杯強の試飲をした。いろいろなお茶を気がすむまで試飲できたので、良かった。
通常の店舗でも試飲はできるけど、こんなに粘り強く試飲するのは店舗では無理だと思う。

購入を迷ったものは、何回も試飲をした。購入を迷ったのは以下の組み合わせ。
→ 「キャッスルトン(1128)」と「リシーハット(1101)」、
    「キャッスルトン(1128)」は芳醇で香ばしく、ファーストのイメージと違ったため、
    「リシーハット(1101)」に変更。こちらの方がイメージに近かった。
  「生葉 あさつゆ 2011(6539)」と「静岡新茶(6543)」と「掛川新茶 おくみどり 2011(6548)」
    「掛川新茶 おくみどり 2011(6548)」の旨味に魅力を感じた。
それができたのも、スタッフの皆さんが暇なく、お茶を準備してくれたから。
スタッフの皆さん、ありがとうござました。

テイスティングチャートによる分析結果と自分の感覚が近くて、参考になった。
ライトボディとフルボディ、フラワリーとフルーティの軸だと、
ライトボディ&フラワリーが自分のファーストフラッシュのイメージなんだと再確認できた。
スポンサーサイト
NEXT Entry
カラーコピー原稿、油性ボールペン
NEW Topics
ツイッター
自分の万年筆遍歴
万年筆の初心者のチョイス(ラミー、カートリッジ)
カラーコピー原稿、油性ボールペン
第6回ダージリン・フェスティバル2011(東京)
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。