--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 04. 26  
パイロットのアクロボールのCMを見て、「滑らかさ」を売りにしていて、気になった。
書きやすいボールペンとは、「滑らかさ」だけでは示せないと思う。
「ぼての少なさ」「書き出しのスムーズさ」など複数の要素が組み合わさって、総合的に判断されるものだと思う。そのため、一部の要素を突出させるだけでは、最終的に書きやすいペンにはならない。

「滑らかさ」は、近年、三菱鉛筆/ジェットストリームパイロット/アクロボールぺんてる/ビクーニャゼブラ/スラリなどの登場によって、各社とてもレベルの高い水準にあると思う。

「ボテの少なさ」は、その反面、油性ボールペンの弱点として、解消されていない。ジェットストリームはかなり少なく良好。ビクーニャはかなり気になる。スラリは気になる時があるというレベル。

「書き出しのスムーズさ」は、良いものと悪いものがある。ジェットストリームは書き出し時にインクがでなく悪い。ビクーニャとスラリは良好。

今のところ、スラリが総合的に良さそうだけど、ボテが少し気になるのが玉に瑕。

メーカー各社には今一度、書きやすさとは何なのか考えてもらいたい。

最近、パイロットのA-inkを使ったドクターグリップ Gスペックを使っていて、かなり良い印象。
「滑らかさ」は近年の低粘度油性ボールペンに若干、劣るけれども、「ボテはほとんど気にならなく」「書き出しはスムーズ」に書ける。




また、副次的な要素として「軸の太さ」「軸の固さ」「軸のバランス」なども
最終的な書きやすさに影響を与えていると思う。

「軸の太さ」は、10-12 mm が好まれる(コクヨ/フィットカーブ)。

「軸の固さ」は、三菱鉛筆/アルファゲルパイロット/ドクターグリップなどが柔らかいグリップのものを用意している。

「軸のバランス」は、コクヨ/フィットカーブや、パイロット/ドクターグリップ Gスペックで、考慮されている。



「軸の太さ」「軸のバランス」「重さ」などは万年筆だと、書き味に重要な影響を与える。

万年筆はインクの出方が、油性ボールペンやゲルインクペンと異なるため、万年筆で書きやすいと言われるものが、その他のタイプの筆記用具でも書きやすいとは限らない。ただ、書きやすい筆記用具を考える際の参考になるかもしれない。

万年筆で書きやすいものとしては、ペリカン/M800などがある。
「重さ」「軸のバランス」「太さ」などがヒトに書きやすい印象をもたれている。
スポンサーサイト
NEXT Entry
人間工学(日本酒、コップ、升)
NEW Topics
ツイッター
自分の万年筆遍歴
万年筆の初心者のチョイス(ラミー、カートリッジ)
カラーコピー原稿、油性ボールペン
第6回ダージリン・フェスティバル2011(東京)
Comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。