--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 06. 08  
先日,知り合いを話していたら,こんなことを言っていました.
「万年筆は色が消えてしまうでしょ.だから,使えない.」

たしかに,水や光に弱いインクは多いです.

プラチナやセーラーの顔料インクを使ったものや,
パイロット,セーラーの青系のインクは染料であっても
耐水性があります.

そのため,万年筆でも,保存をする必要のある書類に使うことができます.


「万年筆インクが水に弱い」のは知られているのかもしれませんが,
ゲルインクペンも水に弱いものがあるのは意外と知られていないようです.

例えば,パイロットのHI-TEC-Cや,ぺんてるのSlicciは耐水性がないので,注意が必要です.

逆に耐水性があるのは,三菱鉛筆のSignoや,ゼブラのSARASAです.

参考:リフィル交換型多色ペン比較 その7 耐水性比較 - カフェイン依存症気味なエンジニアの雑記

スポンサーサイト
NEXT Entry
万年筆(日本)=鋼筆(中国)
NEW Topics
ツイッター
自分の万年筆遍歴
万年筆の初心者のチョイス(ラミー、カートリッジ)
カラーコピー原稿、油性ボールペン
第6回ダージリン・フェスティバル2011(東京)
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。