--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 03. 02  
赤いネクタイが勝負ネクタイとして紹介されていた。

アメリカ大統領も勝負ネクタイは赤という話を聞くので
よくある話だと聞いていました。

ミニストップ社長は、
「赤いネクタイは、アグレッシブなイメージを与えるだけでなく、
 ヒトの目がネクタイにいくので緊張しなくなる」
と言っていた。

そんな効能があったんだと思った。
赤いネクタイは、ヒトにアグレッシブな印象を与えるだけでなく、
自分が話す時にヒトの目が気になりづらく、話しやすくなる効果もあるみたい。
スポンサーサイト
NEXT Entry
ヒラギノフォントの違い(Pro、ProN)
NEW Topics
ツイッター
自分の万年筆遍歴
万年筆の初心者のチョイス(ラミー、カートリッジ)
カラーコピー原稿、油性ボールペン
第6回ダージリン・フェスティバル2011(東京)
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。