--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 03. 01  
枕元に持っていったりする日常のメモをするためのペンとして、上向き筆記ができ、書き味が軽く、思考の邪魔をしないペンとして、水性ボールペンを使っている。

水性ボールペンは筆記用具の中では、多分、絶滅危惧種なんだと思う。
でも、油性ボールペンは加圧式ボールペンを除いて、基本的に上向き筆記ができない。
そのため、枕元で使うとき、油性ボールペンでは使用には支障がある。
実際、使えないこともないけど、筆記時の思考を邪魔しないと言う点でだめだった。最近の低粘度油性ボールペン(例えば、ビクーニャ)でも、滑らかさの点で、思考を邪魔していた。

水性ボールペンで直液式と呼ばれるものは、上向き筆記も可能で、書き味も万年筆に負けないくらいスムーズ。

Vコーン(パイロット)は、かなり滑らか。でも、キャップがちょっとあけづらく、インクに耐水性がないのが玉に傷。値段は100円と安い。
uni-ball VISION ELITE(三菱鉛筆)も、かなり滑らか。ブルーブラックがいい色。こちらは耐水性があるので、常用しやすいと思う。ただ、値段が200円と、他のペンと比べると高いかも。
スポンサーサイト
NEXT Entry
赤いネクタイの意味(テレビ東京「戦士の逸品」No.075 ミニストップ社長:阿部信行)
NEW Topics
ツイッター
自分の万年筆遍歴
万年筆の初心者のチョイス(ラミー、カートリッジ)
カラーコピー原稿、油性ボールペン
第6回ダージリン・フェスティバル2011(東京)
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。