--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 02. 15  
最近,コピー用紙について疑問に思っていることがある.

コピー用紙のスペックって以下のようなものがある.

  インクジェット用/レーサープリンタ用
  モノクロ用/カラー用
  坪量(g/m^2)
  紙厚(μm)
  白色度(%)

今回問題にしたいのは,これらのスペックをそろえても,
紙の厚さやハリ,コシのような手触りがけっこう違うということ.

例えば,以下の3種類の紙を用意した.

カウネット/スタンダードタイプ2高白色(モノクロ用) 350円/500枚(2011.2.15 時点)
  ●坪量/64g/平方m
  ●紙厚/約90μm
  ●白色度/約90%(ISO方式)、約85%(ハンター方式)
  ●植林木10%
カウネット/スタンダード高白色タイプ(モノクロ用) 375円/500枚(2011.2.15 時点)
  ●坪量/64g/平方m
  ●紙厚/約90μm
  ●白色度/約93%(ISO方式)
  ●植林木100%
  ●上質紙
アスクル/マルチペーパー スーパーホワイト(モノクロ用) 298円/500枚(2011.2.15 時点)
  ●坪量/68g/平方m
  ●紙厚/約92μm
  ●白色度/約92%(ISO方式)

坪量と紙厚,白色度はほとんど同じだが,
「スタンダードタイプ2高白色」は,手にした時の厚みが薄い.
「スタンダード高白色タイプ」は,この中では一番厚く,ハリがある.
「マルチペーパー スーパーホワイト」は,この中では坪量と紙厚からみて,一番しっかりしてそうだが,
触覚的には,上記2つの中間か,「スタンダードタイプ2高白色」に近い厚み,ハリのなさを感じる.

製造上の品質のばらつきのレベルなのか,
上記のスペックに偽りがあるのか,
上記のスペック以外の要素
によって触覚的な印象が異なっているのかわからない.

または,スペック上にあった「上質紙」というワードがあることで,
厚みやハリ,コシがよいものになるのかもしれない.

ただ,坪量や紙厚が同じ紙を選んでも
手にした時の紙の厚みやハリ,コシは同じにならないため,
数値に表れない違いがあることを知っておく必要があるのかもしれない.

※私が無知でわからないことばかりなので,
 カタログスペックと触覚から得られた印象が違うことについて
 何か情報をお持ちの方がいたら教えていただきたいです.

また,今回,印刷品質やカラー印刷時の発色の良さなどはまったく評価の対象に入っていないため,
これらの基準を加味すると,紙の評価は変化してしまうと思います.
スポンサーサイト
NEXT Entry
紅茶,ミルク,統計
NEW Topics
ツイッター
自分の万年筆遍歴
万年筆の初心者のチョイス(ラミー、カートリッジ)
カラーコピー原稿、油性ボールペン
第6回ダージリン・フェスティバル2011(東京)
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。