--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 12. 10  
2010年12月9日(木) 19:00 開演
会場 紀尾井ホール

曲目
1. マズルカ イ短調 op.67-4
2.      ヘ短調 op.7-3
3.      ハ長調 op.56-2
4.     嬰ハ短調 op.50-3
5.     嬰ハ短調 op.41-1
6.     嬰ハ短調 op.59-3
7. ノクターン ロ長調 op.9-3
8.       ロ長調 op.32-1
9. ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 op.35
~休憩~
10. 24のプレリュード op.28 全曲
~アンコール~
1. 即興曲第1番 op.29
2. ワルツ第8番 op.64-3
3. 不明
4. 不明

アンリ・バルダのピアノ・リサイタルを聴きに行った.

当初のプログラムでは,
  即興曲1~3番を
  前奏曲
  ノクターン
  マズルカ
  ワルツ
となっていた.

当日は,即興曲とワルツがプログラムから外れて,ソナタ2番が入った.
即興曲とワルツはアンコールの時に弾いてくれたのだが,
個人的に,即興曲の3番が聴きたかったので,ちょっとその点は残念だった.

収穫は,
マズルカを好きになったこと,
紀尾井ホールの音響特性について私見を持てたこと,
アンリ・バルダというピアニストを知ることができたこと
だった.

アンリ・バルダというピアニストのことは知らず,
曲目と,行ったことがない良さそうなホールという事で
チケットをとったのだが,思いがけない良い出会いをだった.
クラシックのCDを買う時にも良く起こるのだが,
当初の目的以外の部分で良い出会いをすることがある.

アンリ・バルダは
ツィメルマンのように,技術力と表現力,解釈力が高い次元を保っているようなピアニストではないと思う.
例えるなら,フランソワのような解釈力/想像力と,キーシンのような力強さをもっている.
ミケランジェリやポリーニ、バックハウスのように忠実に,譜面を再現するようなピアニストではない.

マズルカって,舞踏曲なんだと思えるようになった.
ほんとに楽しく聴くことができた.もっと聴いていたかった.

演奏後,サイン会が行われた.
21時すぎから22時くらいまではやっていたと思う.
サインをもらいに列に並んでしまった.ピアニストのサインをもらったのは初め.
マズルカを好きになったことを伝えたかったけど,言えなかった.
アンリ・バルダは聴きに来てくれたヒトとの出会いを大切にしているよう.


紀尾井ホールについても一言.
コンサートホールの評論をしているブログで,響き過ぎと評価されていたが,
本当にそう思う.
多分,小さい容積の割に,残響時間が1.8秒という設計なので,
ピアノ演奏をこのホールで聴いてしまうと,
細かいパッセージが混ざって聴こえてしまう.

このホールは数日前,
30年前にショパンコンクールで優勝した
ダン・タイ・ソンが演奏していたように,
超一流のピアニストが演奏するようなホールなんだけど,
ピアノソロを開くホールではないと思う.

例えば,トッパンホールは残響時間が1.4秒と少し短いが,
ピアノソロを聴くには良さそう.
また,東京文化会館も良さそう.

自分が聴いた中では,オペラシティが響き過ぎす,
美しい音が聞こえたので,良い印象を持っている.

紀尾井ホールでピアノソロを聴くなら,後方の座席よりも
直接音が多くなる前寄りが良さそう.
例えば,2階席のピアノの響板側近くなんか,
直接音が良く聴こえそうで,音のバランスが良さそう.

2階席にいたのだが,
ピアニストの手が見える側が9割方埋まっていて,
響板側は2-3割くらいしか埋まっていなかった.

ピアノの場合はそうなってしまうのだろうが,
響板側の方が音が良いと言われているので,
残念な気がする.
スポンサーサイト
NEXT Entry
拍手について
NEW Topics
ツイッター
自分の万年筆遍歴
万年筆の初心者のチョイス(ラミー、カートリッジ)
カラーコピー原稿、油性ボールペン
第6回ダージリン・フェスティバル2011(東京)
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。