--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 10. 18  
最近になって,鉄ペンと金ペンの違いにようやく気づいた.
(鉄ペン,金ペンというのは,万年筆のペン先の金属の部品のこと.)

鉄ペンはクッションがない.金ペンはクッションがある.

鉄ペンはあたりがきつい.金ペンはあたりが優しい.


ずっと,鉄ペンの万年筆(ペリカンM205(F))を
使っていて,それが一番使いやすいと思っていた.

しかし,デザインが気に入って買った金ペンの万年筆
(ペリカンM620コンコルド(M))をしばらくぶりに使い,
鉄ペンと使い比べたら,手に跳ね返ってくる感触が違った.

ペン先の扱いやすさ,書ける文字の太さなどは
やはり使い慣れている鉄ペンの方が良かったのだが,
感触は金ペンの方が上質だと思った.


今後は,金ペンのものを常用して,
金ペン使用時の感覚がデフォルトになるように
してみたいと思った.
スポンサーサイト
NEXT Entry
情熱大陸,森永卓郎,2010/10/17
NEW Topics
ツイッター
自分の万年筆遍歴
万年筆の初心者のチョイス(ラミー、カートリッジ)
カラーコピー原稿、油性ボールペン
第6回ダージリン・フェスティバル2011(東京)
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。