--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 10. 13  
「南極料理人」という映画で地中から掘り出した氷に鉛筆で書くシーンがあり,
鉛筆って,氷にも字を書くことができるんだと感心しました.


南極のような特殊な環境でなくても,鉛筆を愛用しているヒトがいます.

「趣味の文具箱」編集長の愛用文具一挙公開 - [ステーショナリー] All About
以下,引用.

私は基本鉛筆派なんです。もうかれこれ20年近く取材・編集の仕事をしてきましたが、鉛筆という筆記具に信頼を寄せています。鉛筆の強みは、あらゆる状況でも筆記できること。例えば、取材帰りなど飛行機の中で書くこともありますが、気圧の変化に大きく左右されることもありません。また以前、漁船で同乗取材したときに、ノートが水に濡れてしまったことがありましたが、そんな時にも鉛筆なら安心です。残量は芯の長さが一目でわかるし、芯さえあれば、機構上のトラブルなどで書けなくなるということがまずありません。私たち編集者は記録をしっかりと残すということが絶対条件ですので、そうした面で鉛筆に行き着いたという訳なんです。

隣の文具活用術 読売新聞記者編 - [ステーショナリー] All About
以下,引用.

ガイド:
旅行に持っていくのは鉛筆ということですが、それをまたなぜでしょう。
市原さん:
もともと鉛筆が大好きということもありますが、筆記具として最も信頼できる点です。鉛筆はある程度の長さがあれば必ずその中に芯があります。芯さえあればその分だけ必ず書くことができます。ボールペンだと、たとえ中にインクが入っていても、何らかのトラブルで書けなくなることも可能性としてはゼロではありません。


普通のボールペンは,重力を利用しているので,上向き筆記をする時や,宇宙空間では筆記することができないといわれています.そのため,フィッシャーのスペースペンや三菱鉛筆のパワータンク,エアプレスのように加圧することで,重力に関係なく,上向き筆記も可能なペンがあります.

しかし,鉛筆を使えば,上向き筆記も宇宙空間でも文字を書くことができるため,
アメリカが,加圧式ボールペンの開発に巨費をかけたところ,
ロシアは,鉛筆を使ったとアメリカを皮肉った話しがあります.

しかし,実際は,アメリカは1965年当時,ジェミニ計画の時,シャープペンンシルを使っていたそうです.
ただ,当時はシャープペンシルが高価だったため,フィッシャー社が開発したスペースペンを採用し,1967年からはスペースペンを使うようになったようです.そして,鉛筆を使っていたロシアも,1969年からはアメリカ同様,スペースペンを使うようになったようです.

うえぽんSW局 | NASA公式サイトに「一方ロシアは鉛筆を使った」の真相
秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ: 一方ロシアは鉛筆を使った の真相

  また,余談になりますが,毛細管現象を利用したサインペンは宇宙空間でも使えたため,
  1965~66年の有人宇宙飛行「ジェミニ」で利用されたそうです.

  【コラム】世界中のクリエイターが敬愛する良質の文具やアイテムたち (7) 日本で誰よりも早く宇宙へ飛んだ、ぺんてるのサインペン | クリエイティブ | マイコミジャーナル


このように鉛筆が活躍できる環境はかなり広く,小学生の時には鉛筆ばかりだったのに,ボールペンばかり利用しているけれども,これらの筆記用具は鉛筆をすべての面で上回っているわけではなく,場合によっては,鉛筆の方が使いやすい場面があるようです.

そういえば,実家の親も電話口でメモを取る時は,ボールペンではなく,鉛筆を好んで使っていました.
ボールペンは書けないときがあるけど,鉛筆は芯さえあれば書けるため,安心感があるようです.
スポンサーサイト
NEXT Entry
鉄ペン,金ペン
NEW Topics
ツイッター
自分の万年筆遍歴
万年筆の初心者のチョイス(ラミー、カートリッジ)
カラーコピー原稿、油性ボールペン
第6回ダージリン・フェスティバル2011(東京)
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。