--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 07. 13  
ツィメルマンのピアノ・リサイタルで見たパンフレットに,ツィメルマンが録音を残すことに興味がないことを示す件があった.聴衆に相対したピアニストが音を奏でることに意味があるとのこと.

リヒテルは,スタジオ録音よりも,ライブ録音が多く,録音を残すことにあまり興味がなかった.

ツィメルマンはディスクの発売にすごく気を使うようなので,なかなかCDが発売されないが,彼の奏でる音を耳にしたいヒトは多くいると思うので,ライブ録音を出してほしいと切に思う.
スポンサーサイト
NEXT Entry
シューマンのトッカータ
NEW Topics
ツイッター
自分の万年筆遍歴
万年筆の初心者のチョイス(ラミー、カートリッジ)
カラーコピー原稿、油性ボールペン
第6回ダージリン・フェスティバル2011(東京)
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。