--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 04. 26  
パイロットのアクロボールのCMを見て、「滑らかさ」を売りにしていて、気になった。
書きやすいボールペンとは、「滑らかさ」だけでは示せないと思う。
「ぼての少なさ」「書き出しのスムーズさ」など複数の要素が組み合わさって、総合的に判断されるものだと思う。そのため、一部の要素を突出させるだけでは、最終的に書きやすいペンにはならない。

「滑らかさ」は、近年、三菱鉛筆/ジェットストリームパイロット/アクロボールぺんてる/ビクーニャゼブラ/スラリなどの登場によって、各社とてもレベルの高い水準にあると思う。

「ボテの少なさ」は、その反面、油性ボールペンの弱点として、解消されていない。ジェットストリームはかなり少なく良好。ビクーニャはかなり気になる。スラリは気になる時があるというレベル。

「書き出しのスムーズさ」は、良いものと悪いものがある。ジェットストリームは書き出し時にインクがでなく悪い。ビクーニャとスラリは良好。

今のところ、スラリが総合的に良さそうだけど、ボテが少し気になるのが玉に瑕。

メーカー各社には今一度、書きやすさとは何なのか考えてもらいたい。

最近、パイロットのA-inkを使ったドクターグリップ Gスペックを使っていて、かなり良い印象。
「滑らかさ」は近年の低粘度油性ボールペンに若干、劣るけれども、「ボテはほとんど気にならなく」「書き出しはスムーズ」に書ける。




また、副次的な要素として「軸の太さ」「軸の固さ」「軸のバランス」なども
最終的な書きやすさに影響を与えていると思う。

「軸の太さ」は、10-12 mm が好まれる(コクヨ/フィットカーブ)。

「軸の固さ」は、三菱鉛筆/アルファゲルパイロット/ドクターグリップなどが柔らかいグリップのものを用意している。

「軸のバランス」は、コクヨ/フィットカーブや、パイロット/ドクターグリップ Gスペックで、考慮されている。



「軸の太さ」「軸のバランス」「重さ」などは万年筆だと、書き味に重要な影響を与える。

万年筆はインクの出方が、油性ボールペンやゲルインクペンと異なるため、万年筆で書きやすいと言われるものが、その他のタイプの筆記用具でも書きやすいとは限らない。ただ、書きやすい筆記用具を考える際の参考になるかもしれない。

万年筆で書きやすいものとしては、ペリカン/M800などがある。
「重さ」「軸のバランス」「太さ」などがヒトに書きやすい印象をもたれている。
スポンサーサイト
2011. 04. 09  
ブログに載っている写真の色って、
ディスプレイの特性(色温度や色域、絶対的な輝度値の違い)や
デジカメのホワイトバランスの特性(電球色の照明の色味を残すタイプか、完全に補正するタイプかなど。)
によって、作成者の意図と違う色として伝わってしまう場合がある。

そのようなトラブルを避ける方法として、
身近で、見慣れている色のものと一緒に写すと、
本当の色がイメージしやすいと思う。

必要になるのは以下の要素。

1. 一次物であること

 ・例えば、フランスやイタリアの国旗などはカラフルで良いが、
  一次物が手に入りづらく、複製だと、色が信頼できない。
 ・どこにでもある身近な実物で、誰もが手に取れるものが良い。
 ・実物の色がイメージできる一般的なものが良い。
 ・果物だと個体差があるため、工業製品が良い。

2. 様々な色があること

 ・色の比較をするため、短波長の光に由来する青~長波長の光に由来する赤の
  いろいろな色が含まれている方が良い。
 ・最低でも、短波長の「青」、中波長の「緑」、長波長の「赤」が必要。

上記の要素を満たす身近な色見本がないかと思っていたら、ダイニングで見つかった。

それが、永谷園のお茶づけのパッケージ。
永谷園、お茶づけ


1. 一次物であること
2. 様々な色があること

は満たしている。

「1. 一次物であること」は、
実物なら、一次物なのでオッケー。
多くの人が見慣れていると思うので、色見本として使えそう。
工業製品なので、色が安定している(はず)。


「2. いろいろな色があること」は、
赤、緑、黄、黒が使われている。

ただ、短波長の光の成分に由来する「青」がない。
食品関係で「青」ってあまり使われない色なのかもしれない。


永谷園のお茶づけのパッケージを使うのなら、「青」の色見本は別に用意する必要がありそう。
「青」の身近な色見本もダイニングで見つかった。
それが、大塚製薬のポカリスエットのパッケージ。
大塚製薬、ポカリスエット袋


「1. 一次物であること」は、
一次物で手に入りやすい。
誰もがイメージしやすい。
工業製品なので、色が安定している(はず)。

「2. いろいろな色があること」は、
「青」と「シルバー」しかないが、
永谷園のお茶づけのパッケージと組み合わせることで、
いろいろな色見本を用意することができる。


「大塚製薬のポカリスエットのパッケージ」は、光沢があるので、
反射があると色が変わって見えてしまうのが玉に瑕だ。
「永谷園のお茶づけのパッケージ」を色見本として使うことを含めて、
身近な色見本としてより良いものがあるかもしれない。

もし、適当な色見本が何かあったら、報告したい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。