--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 03. 19  
2011/03/11【時刻は、iPod Touch の時刻が2~3分進んでいたため、実際より少し先の時刻】

14:48 地震
東京ビックサイトで、2,3分は揺れていたように思う。
最初、揺れているかもと思い、ブースが音を立てて揺れ出した。
パナソニックのブースも揺れだし、看板が落ちるのでは?と思えるような揺れ具合だった。
近くの出口から外に出るようにと指示があり、外に出た。
今、14:57

ワンセグでニュースを見たら、宮城県で震度7。
東京は震度5強らしい。

15:14 ゆりかもめとりんかい線は、運転をストップしているとのこと。

15:18 ライティングフェアでは、ブースの下には入れず、みんなが通路にいる。

15:21 余震

15:29 パナソニック電工の岩井さんに会った。ブースの二階にいたが、大丈夫のよう。

16:00
臨海線もゆりかもめも、停止していて、広場に人がたくさん。トルコにいたときに遭遇した地震を思い出す。

東京ビックサイトから新木場駅まで歩く。
新木場駅も人がたくさん。電車が動かず、公衆電話とトレイに行列。
駅から少し離れたところにある公衆電話で家に連絡。近くの吉野家で夕食をとる。

19:39
新木場から錦糸町行きのバスに乗った。

21:43
もうすぐ、亀戸駅前通りだけど、バスが動かない。もう乗って2時間になる。
21:59
亀戸駅前通りをすぎた。
22:23
もうすぐ、錦糸町駅前。
新木場から3時間近くかかったことになる。
22:34
錦糸町に着く

22:34
錦糸町駅から墨田区総合体育館に行く集団について行く

22:50
墨田区総合体育館内三階に着く。
土足厳禁のため、ビニール袋に靴をいれて体育館に入った
22:57
未使用の体育館を開けてくれたので、人口密度が低いが、じきにいっぱいになると思う。
23:00
最初は、壁伝いに人がいるが、そのうち、体育館の中ほどに人が入ることになると思う。

23:04
地震かも。
ゆったりとした揺れ

23:30
家に電話して居場所を伝えた。
公衆電話から体育館内に戻ったら、乾パンをもらった。
外で公衆電話待ちをしていたら、毛布を運び込んでいるのを見た。
毛布に乾パンって、まさに緊急時だと言える。
22:36

23:37
外に定礎2010年3月とあったので、この体育館は出来てまだ丸一年と新しい。不幸中の幸いかも。

23:45
乾パンの賞味期限が2015年8月だった。賞味期限が5年なので、まだ、作られて半年ほど。
23:49
錦糸町へは、新木場より漫画喫茶やホテルなどがあるため、行動の選択肢の多さを理由にきた。
この様な体育館を世話してくれただけでも、錦糸町にきたメリットはあったかもしれない。

23:57
バスで移動している間に携帯のバッテリーがきれたため、情報のやりとりや入手が出来なくなったのは困ったけど、しょうがない。

0:00(本当は23:57)余震


2011.3.12

0:06am
0時をすぎても、少しずつだが、避難所に人がきている。今まで歩いてきていた人にお疲れ様と言いたい。

0:10am
こういうところだと、男女が隣あって寝ることがあるので、女性にとってはストレスがたまる場所取りなんだと思う。男性以上に。

0:15am
こういうところだと、パーソナルスペースがどんどん狭くなるので、プライバシーなんて言っていられないのかもしれない。

0:17(本当は0:14)
余震。体育館の天井の照明が周期的に揺れている。ちょっと大きかったかも。

0:22
病院のスタッフが、数人で巡回してくれている。「気分の悪い人いませんか。怪我をされている方いませんか」

0:24
また、余震。
ぐわん、ぐわん揺れる。

0:26
毛布の支給が始まった。

0:30
すぐに行列ができたが、待っていれば毛布は支給してくれるとのこと。

0:54
毛布配りのボランティアをする
まずは、身近にいた小さな子供連れの夫婦と、薄着の女性、年配の方に。

2:05
毛布運びと配りをずっとしていた。疲れた。

2:45
毛布の在庫が本当に底をつき、渡せなくなった。
少し汚れているような毛布もなくなった。

2:51
墨田区、グッジョブ。
毛布に乾パン、屋根付きの寒くない空間を提供してくれて、ありがとう。

2:57
お手伝いをしていた間、余震があったかわからないが、宮城県の人は、復興をしないといけないので、ここの人よりたいへんだと思う。

2:59
ボランティアをして、心地良く疲れたので、よく眠れそう。

3:14

この間、寝たかも。

4:04 余震
大きめ。横揺れの振幅が大きかった。

4:07 長野で震度6強らしい。

4:12 また、余震。横揺れ。

この間、寝たかも。

4:56 朝日新聞の朝刊がおいてあったので。もらった。

5:38 余震

7:00 総武線が三割動くと放送があった

7:15 まだ、電車がこないとのこと

8:25 時系列のメモを見たら、ほとんど寝てないことがわかった。

8:48 外はいい天気。

8:58 あまり寝てないためか、今頃どっと疲れが出ているよう。

8:59 総武線各駅はほぼ通常通り、と放送があった。

9:15 体育館を出る

9:30-10:55
錦糸町から千葉へ、電車で移動。
体育館で隣にいた男性と一緒に千葉駅まで移動した。

11:00
千葉から下りは動いていない

11:28
家に電話した
一時間後また電話すると話す
迎えに行くのに何時間もかかるよとのこと

11:35 歩いて南下しようと思っている。

11:56
千葉駅近くで昼食をとった。
昨日の宴会が中止になったため、茶碗蒸しがサービスされた。
安くてボリューム満点だった。

12:27
家に電話
今、本千葉駅
母いわく、1時から内房線が動くとのこと

13:00
蘇我駅のホームに着く。
13:05発の君津行きに乗る予定。

13:16
千葉駅発君津行きの電車が今千葉を出たとのこと。
これが内房線再開最初の電車らしい。

15:20
最寄りの駅に着く
スポンサーサイト
2011. 03. 15  
2011.3.11に起こった地震で帰宅難民になって、錦糸町にある墨田総合体育館に一晩お世話になった。

宮城県など震源近くに住んでいる方々は避難所暮らしが続いてしまうと思うが、その点、帰宅難民は避難所暮らしといっても一晩くらいなので、つらさも全然軽いと思う。

お世話になった避難所では、
  保存用ビスケット(カニヤ製造/88g/8枚入)
  毛布
  屋根付きの寒くない空間
  トイレ
  新聞
  明るい空間
を提供してもらった。

屋根付きの寒くない空間というのがすごくありがたかった。

適当な避難所に行けなかった人たちは、駅などで一晩を過ごしたと思うが、夜は寒くてつらい。その点、体育館の中、寒くない空間で一晩を過ごせただけでもよかった。

よく乾パンと言われるものをもらったが、よく見ると「保存用ビスケット」と書いてある。

そして、側面に、以下のような記述がある。
保存用ビスケット

  (注意事項)
  5年保存のビスケットの賞味期限(5年間)
  は減圧包装した袋を缶に密封梱包の上、室
  温で保存された場合です。お手元に配布さ
  れた場合は、お早めにお召し上がりくだ
  さい。袋が膨らんでいる等異常がある場合
  は召し上がれません。

この記述から、密閉された状態で手渡されたが、減圧包装された缶から出された後となっては、上記の表記とは別の側面に書いてある賞味期限まで持たなく、すぐに食べてしまわないといけないよう。

「保存用ビスケット」を初めて手にしてわかったことなのだが、これまでに、このような商品を購入したことがある人には既知の情報だったのかもしれない。(同様の商品をネットで買おうと調べると、上記のことは購入前に紹介文があるため)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。