--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 03. 09  
最近発表されたMacBookProを購入した。
それまで使っていたのが、2005年に発表されたPowerBookG4だったので、
時代が違いすぎて、どのくらいのスペックなのかよくわからない。
(具体的には直前のモデルや、MacBookAirとのスペックの違いがわからない。)

体感的には、待たされることがなく、氷上を滑っているように快適、快速なんだけど、
CPU(G4 1.5GHz -> Core i5 2.3GHz)が速くなったからか、
ハードディスク(80GB HDD -> 128GB SSD)が速くなったからかがよくわからない。

  SSDは書き換え回数に制限があって、耐久性がHDDより低い可能性があるといわれている。
  でも、Macの場合、Time Machineというバックアップシステムがあるため、この点は気にしなかった。
 
  2010年秋発売のMacbook Air が、SSDを搭載し、
  システムがSSDに最適化されていたことが高速な理由として紹介されている。
  そのことから、コンピュータを使い続けて、CPUが陳腐化したとしても、
  足回りの差で快適に利用することができることを期待して、SSDを選択した。

システムプロファイラによると、MacBook Air と同じSSDのよう。
system_profile_macbookpro13_SSD128GB.png

Xbench ver.1.3 というソフトで、スペックを数値で表すことができるようなので、調べてみた。(2011.3.10 再測定 = 再起動後すぐに計測)
MacBookPro 13 (2011), SSD128GB-ver.2


リンク先にあったMacbook Air 11'(2010) のXbenchの結果を以下に示す。
mba11xbench.jpg

ディスクテストに限定して比較すると、
一番下の項目の256K blocksのランダムリードだけ、MacBook Air 11' (2010) > MacBook Pro 13'(2011)。
(→ この部分が気になったので、Xbenchの測定を再起動直後にやり直したが、結果は同じだった。)
それ以外のすべての項目で、MacBook Air 11' (2010) < MacBook Pro 13'(2011)。


Disk testの全体の評価値を比較すると、
  MacBook Air 11' (2010) : 227.45
  MacBook Pro 13' (2011) : 324.49
と、同じディスクなのに 約40% 性能がアップしている。

MacBook Pro 13' (2011)は、Intel 6 Series Chipset で、リンク速度が6ギガビット。
MacBook Air 11' (2010)は、NVidia MCP89 AHCI で、リンク速度が3ギガビット。

これが、同じSSDを使っていても、速度が違う原因なのかもしれない。
CPU自体違うので、それも影響するかもしれないが。

クロスプラットホームなベンチマークである Geekbench だと、HDDとSSDによるスペックの違いがよくわからない。
HDDとSSDによるスペックの違いに興味があるのだが。

参考ウェブサイト:
  新 MacBook Air のSSD仕様、ベンチマーク
スポンサーサイト
2011. 03. 09  
最近、コンピュータの調子が悪かったため、
PowerBookG4(2002)からMacBookPro(2011)に変更した。

気になる点として、OSの進化(10.4 -> 10.6)が挙げられる。
その中でも今回は、フォントの違いが気になった。

例えば、「ヒラギノ」は明朝や角ゴ、丸ゴなどがあるが、
それだけでなく、同じフォント名なのに、ProやProNがあり、
角ゴには、Pro / ProN のほか、Std / StdN があり、違いが気になった。

調べたところ、以下のような違いがあるよう。

Pro : JIS 90 基準フォント
ProN: JIS 2004 基準フォント

例えば、「辻」という文字の「しんにょう」の点が1つなのが、JIS 90 基準フォント。
「しんにょう」の点が2つなのが、JIS 2004 基準フォント。

地名や人名などを正確に表記した時、
以前からある「異体字」(関連文字に変換)で対応できない時などに便利そう。

これらの話題は、Windows Vistaが「メイリオ」フォントを採用したときや、
MacOSX 10.5が登場したときに既に出ていたものなので、
これらの機械を使っていう人には既出かもしれないけど、
周回遅れの自分にとっては新知識でした。

また、角ゴの Std / Pro の違いは、
まず、ウェイトの違いが目につくが、そこは本質的な違いではない。
(Std...W8, Pro...W3, W6)
Std では、数学記号などが全角で表示されるが、Pro では、プロポーショナル(文字幅が可変)
(数学記号とは、例えば、√(ルート)など)
文字幅がかわってしまうため、Pro と Std をまたぐフォントの変更はさけた方がいいらしい。

フォントは、Times と Century など似たようなフォントでも、
斜体に対応している(Times)/対応していない(Century)の違いがあるので、
ユーザーはその特徴をよく知っている必要がある。


参考ウェブサイト:
  Adobe - Windows Vista上のJIS2004基準のフォントについて
  LeopardにおけるJIS X 0213:2004(2004JIS)対応 - もじのなまえ
  千都フォント|ヒラギノOpenTypeのFAQ
  ヒラギノと他のフォントの文字幅の違い - Mac OS Xの文字コード問題に関するメモ
  伝わるデザイン|研究発表のユニバーサルデザイン
  pensie_log: イタリックと単なる斜めの字
  一歩上いく英文履歴書の書き方、使い方(4)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。